特定非営利活動法人 東京山の手まごころサービス
                         

≪こめこめ倶楽部≫ ADL体操と音楽療法で脳と心の健康つくり

4月24日(水) 午後1:30〜3:30新宿けやき園

講師
ADL体操 西川タキ先生(介護福祉士 ADL体操認定指導員)

三條由美子先生(珊瑚樹 表現よみ朗読家 「私の部屋」主宰)

徳永 徹先生(珊瑚樹のお仲間)

   

最初は西川先生のADL体操から始まります。
ボールを手に日ごろ使わなく固くなっている色々な関節などをほぐします。
足もゆっくり8まで数えながら上下します。
おなじみになりました、表情豊かに声を出し、体を使うパン運動です。○○パンと発声、パンで目をパッチリ開け、ついでやったーやったー!いいぞいいぞ、わーいわーい(写真)の動作を入れます。
芥川龍之介の書いた平和な鬼の国に突如出現した狼藉物の「桃太郎」の朗読劇です。
朗読は年末おなじみの三條先生です。
笑顔の素敵な鬼?違います徳永先生です。
桃太郎だったかな?
クイズです。
ビー玉が5つあります。カラスが一つくわえて行きました。さて、いくつ残っていますか?
ウクレレの演奏で歌を歌います。
最後に、幸せなら手をたたこうの歌をアレンジして
「・・・幸せなら態度で示そうよ、それみんなで大笑い」でできるだけ大きな声で全員大笑い、気分爽快で終了しました。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット