特定非営利活動法人 東京山の手まごころサービス
                         

≪こめこめ倶楽部≫ ADL体操と音楽療法で脳と心の健康つくり

5月23日(木) 午後1:30〜3:30新宿けやき園

講師
ADL体操 西川タキ先生(介護福祉士 ADL体操認定指導員)

仲里潔子先生(日本音楽療法学会認定 音楽療法士)

   

西川先生のADL体操のスタートです。
左手はグー右手はパーにして指折り数えていきます。
手を前後左右上下方向に動かし可動域拡大をします。
次は足の運動です。
ボールを持ち手を高く上げて脇を伸ばします。右へ!
左へ!
ボール付きにて敏捷力の向上を目指します。
後半は、仲里先生による音楽療法のスタートです。
最初の曲は「バラが咲いた」の歌からです。
「みかんの花咲く丘」
「茶摘み」
「こいのぼり」
「鯉のぼり」
「せいくらべ」
など歌いました。
手前に見えるのは「トーンチャイム」「ベル」で、デュアルタスク(二重課題)として次で使用します。
「荒城の月」の歌を先生の指示(赤・青・黄色グループ)で「トーンチャイム」「ベル」の演奏をしながら歌いました。
二つの事を同時に行うことで脳が活性化されています。
「赤色グループ」の音出しです。
「黄色グループ」の音出しです。
次は「手話付き」のデュアルタスクです。
「故郷」の歌を歌いながらの手話をしました。
先生の動作に注目していると、口の動きを忘れそうです。
2時間があっという間に過ぎてしまいました。
皆様方お気楽に参加ください。
お待ちしています。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット