特定非営利活動法人 東京山の手まごころサービス
                         

≪こめこめ倶楽部≫ ADL体操とヴァイオリンで歌を楽しむ会

6月24日(月) 午後1:30〜3:30新宿けやき園

講師
ADL体操 西川タキ先生(介護福祉士 ADL体操認定指導員)

ヴァイオリン演奏 村手有子さん(東日本大震災復興支援団体「宮城danteらいおん」を支援する音楽活動中)

   

西川先生のADL体操の始まりです。
関節の可動域をひろげていきます。
右手はグー左手はパーから数をかぞえていきます。左右違った指の動作で脳に刺激を与えます。
なかなか難しいです。
ボールを使って筋力UPをします。
弾力のあるボールでつかむことで手の筋力が鍛えられます。
日常生活では腕を上まで上げることが少ないですが、目一杯上げてます。
司会の平井さんが、今回初めて出演の村手さんを紹介しています。
童謡・唱歌の夏の歌を中心に懐かしい歌謡曲や少し前の流行歌を取り入れヴァイオリンの演奏で歌いました。
中でドヴォルザークの「ユーモレスク」の独奏を、普段聞く練習曲と違い「倍音」で引く本式の演奏で聞くことが出来ました。
だいぶ違います。
歌は皆さんで歌う歌12曲とおまけで数曲用意しましたが、予定を10分オーバーしましたが全曲は歌えませんでした。
またの機会を見つけて歌いましょう。
皆様の参加をお待ちしています。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット