特定非営利活動法人 東京山の手まごころサービス
                           

≪こめこめ倶楽部≫ ADL体操とヴァイオリンで歌を楽しむ会

1月23日(木) 午後1:30〜3:30新宿けやき園

講師
ADL体操 西川タキ先生(介護福祉士 ADL体操認定指導員)

ヴァイオリン演奏 村手有子さん(東日本大震災復興支援団体「宮城danteらいおん」を支援する音楽活動中)

   

西川先生のADL体操の始まりです。
首・肩・手・足など関節可動域を広げていきます。
スウェーデン製の特殊ボールを使っています。
弾力があり、空気が抜ける穴があるので押さえたり、はさんだりして使用します。
村手さんのヴァイオリンで最初にペチカを歌いました。
第1部曲当てクイズです。
JR高田馬場駅の音とか、コンビニの来店音とかありましたが
曲はわかるが、どこで聞いた音なのか、曲名は何か「ボーっと生きてんじゃないよ!」と言われそうな時もありました。
司会者とちょっと打ち合わせ!  
第2部 ヴァイオリンで歌を楽しみましょう!のスタートです。
たきび・スキー・冬景色など冬の歌の合唱を楽しみました。
早春賦で少し春を先取りしてから、最後の曲 川の流れのようにで ひばりを歌いました。
第3部 
葉加瀬太郎作曲”エトピリカ”の独奏の後は、
同じく”情熱大陸”の曲に合わせ
ADL体操の西川先生の即興振り付けで全身を使って皆さんで踊りました。
大いに盛り上がったひと時でした。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット