若松地区協議会
                             

大地震が発生したらあなたはどしますか?

 「地震発生後72時間の生存力をつける」をテーマに、防災体験学習施設「そなエリア東京」に大型バスで行ってきました。
 参加したのは42名。体験後のアンケートからは、「災害時に備えることの大切さを実感した」「今度は子どもを連れて来たい」などの意見が多くあり、関心の高さを感じました。
 今回の見学は、若松ふれあいまつり(10月1日・若松地域センター)でパネル展示で広くお知らせする予定です。ご質問にもお答えできるように準備しています。
【主催】若松地区協議会環境美化分科会

災害時に72時間どう生き残るかという体験クイズをとおして、安全への対策と心構えを学びました。
家具を固定した部屋に比べて、何も対策をしていない部屋が、いかに危険かを実感しました。
不足する食料や水、そして普段から常温で保存できるお米、お餅、乾麺、高野豆腐、わかめ、玉ねぎ、じゃがいも、パックジュース等の案内、展示コーナーもありました。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット