大久保地区協議会
                             

2020年の大久保つつじ普及活動part3:西戸山小学校でつつじ植栽

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が世界的に広まった2020年も、大久保地区協議会・まちの将来像分科会がここ数年最も力を入れてきた、大久保つつじの普及活動を地道に続けてきました。その活動を5回にわたって報告します。

●Part3:2020年7月16日(木) 区立西戸山小学校で、つつじを植栽しました。

西戸山小学校4年生の児童が、去年についで、今年も約30本の大久保つつじの苗木を校庭に植えました。区みどりの係の担当者とまちの将来像分科会浅井会長が見守る中、本霧島18本、八重霧島12本を無事植えることができました。

浅井会長が西戸山小の児童たちに、大久保つつじについて紹介
みどり公園課の城倉さん(樹木医)から植栽について説明
合計30本を植えました
本霧島18本
八重霧島12本(写真奥側)

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット