特定非営利活動法人 東京山の手まごころサービス
                         

≪こめこめ倶楽部≫ ADL体操と音楽療法で脳と心の健康つくり

3月23日(金) 午後1:30〜3:30新宿けやき園
講師 ADL体操 西川タキ先生(介護福祉士 ADL体操認定指導員)

   仲里潔子先生(日本音楽療法学会認定 音楽療法士)


受付にはいつもの平井さんのお花です。
西川先生のADL体操の始まりです。
新しい項目の片足立ちなどが入りました。
手足を伸ばしたり関節を回して可動域を広げたり、
顎の周りを引き締ます。
表情筋を鍛えたり誤嚥防止の「あいうべろ」運動です。
仲里先生による音楽療法の始まりです。最初は春の名曲「早春賦」の歌唱から。
水の音がする小道具の使い方を指導しています。
「どこかで春が」では歌唱の中で詩に合わせて
水の音・そよ風・雲雀のさえずりの小道具を使用した指導です。
卒業ソング「蛍の光」です。一時歌われなくなりましたが、今はこの歌について学校の試験に出題されるので、文語体で難しい内容ですが、歌唱と詩の内容について勉強する必要に迫られているそうです。
その他、手話を交えた歌唱など、歌と動作の二重奏で、頭を使いながらの、あっという間の楽しい時間でした。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット