大久保地区協議会
                             

大久保地域見守り隊

 大久保地域の隊員が、ちょっとまちを歩くときなどに、新宿シンちゃんのエンブレムを身につけて、見守り活動を行っています。
 また、町会・自治会・育成会・学校・PTAなど地域団体の隊員が、お祭りなどの地域行事、美化活動、防犯活動などをするときにも身につけています。現在の登録団体は38団体628名です。

 
   

「新宿シンちゃん」は「アンパンマン」で有名な漫画家やなせたかし様(名誉区民)が防犯用マスコットとしてデザインし、新宿区に寄贈してくださったものです。
平成19年2月初旬、地区内の小学校児童が集団下校をするにあたって、地域見守り隊員による見守り活動を行いました。
5月初旬、大久保地域センター五月まつりに参加しました。まちの危険箇所に関して情報提供をしてもらったり見守り隊の活動写真を貼ってPR活動しました。
6月中旬、安全・安心マップの更新を目的に学校区ごとのブロックに分かれ、見守り隊員が警察の方と共にまち歩きを行い、危険箇所のチェックをしました。
10月、地区内の小学校の安全マップ作りのお手伝いとして、児童と共にまち歩きをしました。
10月、より多くの方に見守り隊を知っていただき、地域の安全・安心に繋がるよう、大久保まつり及び百人町まつり(大新宿区まつり協賛事業)において、パレードを行いました。
10月、地区内の見守り隊参加団体が一堂に会して情報を交換する大久保地域見守り隊懇談会が行われました。「最近、心配なこと」をテーマに熱心な討議が行われました。
12月、大久保・百人町クリーン活動において、新宿警察署のご協力を得て、「新宿よくしたい号」を使って、パトロールを行いました。
1月、地区内の小学校で開催かれた「おおくぼ心の教育フォーラム2008」において、クイズ形式で見守り隊のPR活動を行いました。
4月27日、大久保つつじの里帰りと題してつつじの植樹セレモニーが行われたつつじまつりに参加しました。皆中神社では神楽殿に見守り隊員が上がり、シンちゃんクイズなどをしてPR活動を行いました。
5月10・11日、見守り隊員が大久保地域センターの五月まつりにおいて、活動報告の展示や、新宿シンちゃんクイズなどの周知活動を行いました。
5月12日、東京都・東京都塗装工業組合・新宿警察署・新宿区とまちの方々の協働で、新宿7丁目久左衛門坂のトンネル付近の落書きを消す作業を行いました。
5月18日、見守り隊員が大久保三丁目ふれあいまつりにおいて、活動報告の展示や、新宿シンちゃんのクイズなどをして周知活動を行いました。
5月29日、見守り隊に登録している地区内の25団体と新宿警察が一堂に会して、安全・安心に関する意見・情報交換を行いました。
6月2日、大久保地区内の天神小学校において、見守り隊員がエンブレムとのぼりを掲げて、日頃の見守り活動について周知活動を行いました。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット