新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット  
ホーム 初めての方へ 登録団体一覧
ログイン
まちづくり・コミュニティふくしとサポートこども健康・医療防災・防犯環境・みどり教育・IT文化・芸術・スポーツ他文化共生・文化交流
男女共同参画・平和就労支援・消費生活NPOの活動支援企業の社会貢献町会・自治会・商店会地区協議会新宿NPOネットワーク協議会その他
ホーム > おしらせ > 低料金で利用できる飼い主のいない猫のための不妊去勢動物病院
件名 低料金で利用できる飼い主のいない猫のための不妊去勢動物病院
内容
スペイ・クリニック(spay clinic)とは、野良猫や外猫と呼ばれる飼い主のいない猫の繁殖を防ぐために、不妊去勢手術を低料金で行う動物病院のことです。法律的な所有者のいない猫の手術は、スペイ・クリニックで行うのが世界の常識。災害時には、不妊去勢処置がなされないまま 放浪状態となった犬や猫が繁殖し新たな問題が生じます。

新宿キャットサポートでは、居住地や個人・団体人に関係なく、低料金で利用できる飼い主のいない猫の不妊手術専門病院をご紹介しています。行政の助成金のような煩雑な手続きは不要ですが、いくつか利用条件がありますので、必ず事前にホームページでご確認ください。
(注)一般診療を行う動物病院ではありません。

1)東京キャットガーディアン「そとねこ病院」

所在地 東京都豊島区南大塚3-50-1 ウィンドビル1F JR大塚駅徒歩3分
特徴  ・手術日は毎月ホームページで公開
    ・手術猫の預かりは年中無休、無料

・詳しい利用方法はホームページでご確認ください。
http://www.tokyocatguardian.org/sotoneko/index.html     


2)「moco(モコ)どうぶつ病院」

所在地 東京都中野区南台2−29−2
特徴  ・手術日は毎月ブログで公開
    ・料金的には一番安い
    ・猫の搬入搬出時間に制約がある

・詳しい利用方法はブログでご確認ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/mocoanimalhospital/14512654.html

外猫は不妊去勢手術をしただけでは必ずしも減りません。手術後は、科学的に猫の習性を利用した、合法的かつ人道的に緩やかに個体数を減らしていく「地域猫活動」を進めてください。

環境省 住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン
「地域猫 P.16~19」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2202.pdf
 
この情報は、「新宿キャットサポート」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページTOPへ  
 |利用規約免責事項お問い合わせ Copyright(c) Shinjuku City Allrights reserved.
ズームサイト
画像サイズや色の変更・ルビ振り・音声読み上げができます
私達は市民活動を応援します
ここでは、協働推進基金にご寄付いただいた企業・団体等をご紹介させていただいております。